肌をきれいにしたい!ニキビ跡の治療方法とは

ニキビ跡には種類がある

ニキビは毛穴のある場所ならどこにでも出来る可能性がありますが、発生してから時間経過と共に自然に治っても、色素沈着やデコボコの跡が残る事があります。炎症や膿を伴うニキビの場合はこうした痕になる可能性が高く、ニキビ発生の地点から炎症が起こる所まで悪化させないのが有効ですが、肌の奥の真皮層にまで傷が付けば自然に治るのは難しいです。肌表面の色素沈着の場合は、肌の代謝を高めていけば新しい肌に生まれ変わっていく過程で色も薄くなっていきますが、デコボコになったニキビは肌の生まれ変わりだけで完治は無理と言えます。このようにニキビ跡と一言で言っても種類がありますから、気になる場合は自己判断ではなく専門家の診断を受けて、適切な治療を進めていく事が望ましいです。

種類に応じたニキビ跡治療について

色素沈着のニキビ跡治療の場合は、いかに肌の生まれ変わりを促進させて新しい肌に生まれ変わらせるかがポイントです。スキンケア商品や古い肌を剥がすピーリング等によって治療効果を高める方法があり、肌の生まれ変わりサイクルを正常にしたり促進されれば色素沈着は消えていきます。肌の水分と皮脂のバランスを整える事で、肌はバリア機能を高めて新しいニキビが出来なくなり、ターンオーバーという肌が生まれ変わるサイクルが正常になりますから、保湿力を高めたり栄養成分を与えるスキンケアを行ったり、古い肌を剥がして新しい肌に変えるピーリングが望ましいです。デコボコ痕のように真皮層に傷が付いた場合は、真皮層に働きかけるケアが必要になり、これは通常のスキンケア商品を使ったり、肌表面だけに働きかけるピーリングでは対応出来ず、レーザー治療等で回復させる治療になります。